一般的にぷろすたじおかせい=鮫屋と成りつつあるのですがw

相変わらずの主張として「KASEIはお洋服屋です!」。。。多分(笑

工場内(最早、アトリエとも呼べない工場レベルに達しているミシン群)でも日々、鮫の養殖だけは必ず行われております。

やっぱり 鮫屋 なのでしょうか?

 

そんな中。

 

KASEIの新作お洋服も進行中。

Twitterでフォローくださっている方々は御存知かも。

そう!

迷彩柄の生地で縫い上げた後にわざわざ黒染めして「迷彩は何処へ?」のアレですw

迷彩は よーーーーーーーーく 見ると分かるかと。

加聖が学生時代に知り合った方が染め屋さんでして、イメージだけ伝えてお任せした結果です。

 

「黒にするんじゃけど よーーーーーーーーく 見たらもしかして迷彩が有るん?みたいな感じでw」

「○○染めして△△で・・・云々。」

「何かそんな難しいいんよーわからんけぇ任せる!(ニッコリ」

 

イメージさえも伝えていない気がしなくもないwww

でも、上がってきた色はちゃんとイメージ通り♪

流石、先輩!伊達に昔、モヒカンパンクスだった訳じゃないのね!!!

先輩的にはまだ納得がいかない風だったので職人なんだろうなぁ。

加聖?

デザイナーで御座いますって仰々しくするのは嫌いだし

縫製って多分、職人技でもないし

何なんでしょうね?

 

だって、いくらデザイナーが絵型を描いたところでパターンが引けなきゃ型紙は出来ないし

縫製する縫い子が居なかったらお洋服は縫い上がらない。

取り敢えずその辺りは出来ちゃうしw

「職業=縫い子」で満足だな・・と思う初秋。

 

そうそう。

新作のジャケットについて書くんでしたっけ。

今迄のサイズスペックとはちょっと違ったサイズ展開をしました。

いや、表記上はS・M・Lなので表向きは一緒です(笑

そんなこんなの理由も含め本日は長くなってしまったのでまた明日にでも。

 

 

 

 

 

其れではまたノシ

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!